RECRUIT

採用情報

JP MU

代表からのメッセージ

立派な履歴書は要りません。
大切なのは、あしたです。

ユニメディアでは、学歴や職歴や年齢問わず、通年採用を行っています。 めまぐるしく変化し、膨大な商機に満ちている情報流通業界を歩み、 そして成功をつかむために最も大切な武器となるのは、 過去の実績ではなく、変化適応能力だからです。 立派な履歴書より、たくましく明日を切り開こうとするエネルギーが重要です。

たとえば、「稼ぎたい」「負けたくない」そんなシンプルな感情でいい。 キレイごとではなく、ウソ偽りないあなたの想いを聞かせてください。 きっとそんなあなたには、想像以上に責任の大きな仕事が舞い込むでしょう。 甘くはありません。しかし仕事のスケールが、あなたのスケールを必ず大きくします。 未来の自分に大きな期待を寄せるみなさん、ぜひ仲間になりましょう。
代表取締役社長 末田 真

Recruit Message

採用メッセージ

ユニメディアがありたい姿

ユニメディアは「コミュニケーションの進歩と発展に貢献」という基本理念のもと、様々な事業を手がけてきました。 今後も事業の形は大きく変わっていくと思いますが、その中でも、個々の情報やマーケティング・アプローチの中心に立って変化し続け、世の中に貢献し続けていくことができる統合的(unified)で稀有な存在になりたいと考えています。 そんなユニメディアの考え方に共感いただける方、ユニメディアの今後を一緒に作ってみたいと思える方に、ぜひユニメディアの環境を選択肢として考えて欲しいと思います。

<ユニメディアの基本理念>
 ・私たちはコミュニケーションの進歩と発展に貢献します
 ・私たちは顧客をはじめとした業界全体の利益に貢献します
 ・私たちはメンバーの夢実現に貢献します

ありたい姿を実現するメンバー

「ありたい姿」を目指すにあたり、それを実現するメンバー像は以下の様に私は考えています。
世の中に対し「こんな貢献をしたい」という「夢」を抱き、事業を通じて実現を目指す人。
自律分散していく組織の変化に対応し、業界全体の利益に貢献する事業を仲間と作り上げる人。
そして、それらに明るく挑戦していく人です。
これらは、楽しむ、自律と連携、スピード重視、という形で当社の「行動指針」にも記しており、
このような価値観に共感いただける方が活躍しやすい環境です。

ありたい姿を実現する環境

私は、上記のような価値観の人財が活躍しやすい、居心地が良く感じる環境を用意することが組織の成長に繫がると信じています。

「自律」・「自立」した個人と、そこに対する高度な権限委譲
⇒ユニットマネージャーとして、若い人は30歳前から、プロジェクト型の事業運営を担ってもらっています。
グローバル、多様性のある環境
⇒モンゴルのユニメディアおよびモンゴルの大学組織と連携して業務をすすめます。
自律したキャリア
⇒キャリアの幅を拡げるのは社員の責務、上司と会社はそれをサポートし、可能にします。

ユニメディアの事業展開は、行動・実験・経験・学習を大事にする志向性をもっており、それが早いスピードで機能するためには権限委譲と個々人の自立性・自律性の両立が必要と考えています。
まだ完成形とは言えない状況ですが、一歩一歩着実に、そのような環境を築きつつある状況です。

採用の考え方(通年採用)

弊社の採用は、新卒と中途という概念では分けておらず、通年採用を行っています。
近年、国内・国外の学校の卒業時期も人それぞれ、また、インターン経験者も増えてきて誰しもが少なからず社会人経験を持っている状況で、新卒と中途を明示的に分けることは大きな意味を持たないと考えるに至りました。
また、採用はゆるやかな職種別採用の形を取っていますが、選考の過程で職種を切り換えることも可能です。またキャリアは自ら築く考え方のため、入社後に違った職種に異動し経験を積むことで、自らキャリアの幅を拡げる機会があります。
中途と新卒を区別しないもう一つの理由は、スマートフォンの普及スピードに代表されるように数年間でプラットフォームが変わっていく早い変化の中で、過去の経験を重視するという採用よりは、今と未来に対する情報感度が高く、新しいものを受け入れられる器こそ大事だと考えています。
もちろん、経験の全てを否定しているわけではなく、経験とともに今もっている夢、志向性(価値観)、ポテンシャル(器)を伺い、そして当社に共感いただける方に参画してもらいたいと思います。

Staff Interview

社員インタビュー

2015年4月入社 新卒

ヒッチハイクで上京したら
変人って言われました。
貧乏だっただけなんですけど。

アジア中を旅して、友達とお酒を飲んで大騒ぎして。そうそう、ラオスでは象使いの資格もとりました。そんな風に気ままに楽しんではお金を使い果たしていたので、大学生活はビンボー生活。近所の川で小魚を釣り、空腹をしのいだこともありました。福岡から東京に就職活動に行くときも、交通手段はヒッチハイク。周囲からは「風来坊」「変人」と言われていました。あ、今も言われていますけど。

2015年4月入社 新卒

ユニメディアを支えてきた
カッコいい先輩たちに憧れて
入社を決めました。

就職活動は、ベンチャー企業一本。気まますぎる自分が、大手企業に合うとは思えなかったからです。複数社でインターンを経験した結果、そそられたのがユニメディア。理由は「言っていることと、やっていることが同じ」でガチな空気が流れていたから。そして、一度経営が落ち込んだ時に、必死で会社を持ち直してきた先輩たちの存在が、とてもかっこ良かったから。ああなりたい、そう思いました。

2015年4月入社 新卒

叱られるのも嬉しい毎日。
業界のうねりのなかで
変化につよい人間になりたい。

先輩みたいに変化に応じた的確な状況判断ができるデキる人間になりたいものの、毎日叱られまくりです。でも有り難く思うので、全くヘコみませんけど。風来坊的には、日々状況が変わるこの業界が面白い。このうねりの中で、僕は何度も予想外のヒリヒリした事態に追い込まれてみたい。そして自分の機動力や実行力を鍛えていきたい。そうすれば、何だって出来る未来が待っている気がするんです。

2015年6月入社 新規事業担当

転職経験から、
わたしのやりがいが見つかりました。

新卒入社した不動産デベロッパーでは、のんびりと事務作業をメインに仕事をしていました。でも、3年目でその会社が民事再生申し立て。当時は驚いたけれど、結果、良かったと思います。あのまま仕事をしていたら今のやりがいを知らない自分になっていたかもしれない。その後退職してからは自分の興味や好奇心に従って、複数回の転職を繰り返しました。オンラインゲームデベロッパー、Web広告代理店…たどり着いたのがユニメディアです。

2015年6月入社 新規事業担当

好奇心の赴くままに転職を続け、
ついにたどりつきました。
おもしろ会社、ユニメディアに!

広告代理店時代の知人に誘われたのが、ユニメディアへの入社きっかけでした。いわゆるふつうのWeb広告代理店かな?と思ったら、アプリ事業にクラウド事業、モンゴルの研究開発拠点、どんどん色んな顔つきが見えてきたんですよね。「ちょっと謎だけど、まだまだ色んな事業が生まれて面白そう!」というわけで入社を決意しました。入社して、期待通り、すごく面白いです。伸びしろだらけの変わった会社です。

2015年6月入社 新規事業担当

私のおふざけに笑ってくれて
本気で仕事にぶつかっている
この会社の仲間が、大好きです。

今私は自社メディアの構築や協業企業とのアプリ開発など、様々なプロジェクトに携わっています。UNITの枠を超えて「この会社にアポいくんだけど、なにか面白いこと提案できないかな?」「OK、ちょっと話そう!」なんてプロジェクトが広がっていく感じがとても新鮮ですごく楽しい!自分で今無いモノを作り上げているこの感覚は、人生で初めてです。一緒に働くメンバーもすごく仲良しで、9割スベるんですけど、私のおふざけにも笑ってくれるし(笑)。みんなが刺激しあって、成長を実感できる環境です。

2014年12月入社 営業社員

周囲が企業に就職するなか、
選んだ道は
テニスのインストラクター。

昔から何をするにも突き詰めたいタイプでした。大学で始めたテニスに没頭し、周囲が企業へ就職する中、テニスのインストラクターとして独立する道を選択。テニスに関連する事業を起こすという目標設定をし、活動していました。しかし身体を痛めてリハビリの日々へ…テニスの道に戻ることは難しく、新たに生きる道を探し始めました。

2014年12月入社 営業社員

新たな目標設定をした時に
確実に成功へと導ける実力。
それを手に入れたかった。

テニスの仕事が出来なくなった後、具体的に目標が持てずにいました。しかし「新たに目標が見つかった時に、目標を達成するための実力を身に付けたい」という気持ちと「今の自分にはその力が無い」という危機感が強くありました。その力を付ける為の場所として、ユニメディアはとても魅力的に映りました。広告事業でポジションを確立しながら次々に新事業へと挑む姿を見て、「ここなら短期間で、0から事業をつくる経験や新たな目標が見つかるかもしれない」と感じました。

2014年12月入社 営業社員

ゼロから事業を育てています。
試行錯誤や失敗を
繰り返す日々

ユニメディアで新事業の柱として期待されているクラウドユニットに配属となり、まさに0から事業を作り上げていく経験をしています。成果を挙げる事は簡単ではなく日々実力不足を感じていますが、いち早くユニメディアの柱となれるよう試行錯誤や失敗を繰り返す日々です。
クラウドソーシング事業を拡大させ、最短距離でマネージャーへと昇格する事が現在の目標です。

2009年6月入社 広告運用担当

時短勤務をやりながら、
チームリーダーを務める
2歳の男の子のママです。

私は、2013年に出産しました。現在は、2歳の男の子のママをしながら業務推進部でリーダーを務めています。もちろん子育て中のため、時短で勤務しています。
妊娠した際、「子供を産んでも、ここで仕事を続けたい」と人事に伝えたところ、非常に喜んでくれ、「そんな風に言ってくれたのは、齋藤がはじめてだ」と言っていただきました。自分の素直な想いをそのまま伝えただけだったのですが、無理を承知で相談して本当に良かったと思っています。

2009年6月入社 広告運用担当

ミス連発がエネルギーに。
できない自分でいたくない
負けず嫌いな人間です。

ユニメディアには2009年にアルバイトで入社しました。今だから言えることですが、
事務スキルが身に付き、正社員登用制度がある会社を探していたら
ユニメディアが一般事務で募集をかけていたのを発見。無事、採用を頂きました(笑)。
入社後、アフィリエイト広告運用業務から始めました。
事務スキルがなかったのでもちろん、ミスばかり。
「私には向いてないのかな。とネガティブになることも多かったですが、
元来、負けず嫌いな性格の自分。絶対、ものにしてやろうと向き合って
チャレンジし続けたおかげで今の自分がいるのだと思っています。

2009年6月入社 広告運用担当

子育て中の時短ママでも
臆することはない!そんなロールモデルになります。

業務 範囲を広げ、入社して2年で正社員に。昔はミスばかりで先輩に迷惑をかけていましたが、
今は部下を持ち、後輩の指導をする立場になり、リーダーという責任ある立場にもなりました。。
その分、これまで以上にプレッシャーも大きく、限られた時間の中で様々な業務をこなし、
且つクオリティーも保つというとてもハードな状況にはなりますが
「時短勤務のママ社員でも、成果をあげれば役職につける」
そういう風土を築くロールモデルになることが、今後入社してくる女性社員への希望になると思っています。

2008年4月入社 マネージャー

考古学から、ITへ。
未知で壮大なロマンに
惹かれてしまう人間です。

私は考古学に憧れる少年でした。史跡を見るたび、壮大なロマンに興奮しました。でも、もっとロマンを感じるものに出会ったんです。それがパソコン。すごいモノが出てきたぞ、これからどんな世界が待っているんだろう…とドキドキしたものです。趣味でパソコンを自作するなど没頭していった僕は、大学もIT系の学部へ進学。デザインも、コードも、動画制作も、サーバ構築からハードウェアも学びました。

2008年4月入社 マネージャー

入社の決め手は、
面接で問いかけられた質問。
興奮しました。

そんな私がIT企業に興味を持つのは自然なことでした。いくつか内定をもらったのですが、ユニメディアは他と違いました。印象的だったのは「10年後、携帯電話はどうなっていると思いますか」という質問。私はその問いに興奮して、「携帯ではなく、小さいパソコンのようなものが主流になっていると思います」と答えました。そのやりとりの中で私は、意欲的に新分野に挑戦する企業DNAを感じたんだと思います。

2008年4月入社 マネージャー

ヒットサービスを
この手で必ず生み出します。
新たな歴史をつくります。

入社して6年が経った頃、「ゲーム好きで新事業を立ち上げたい人募集」というお触れが。誰より先に立候補しました。そして今、自社アプリを作ったり、ゲーム向け広告ネットワークを作ったり、2人のUNITでサービスづくりに奔走しています。会社の決裁を取らず勝手にサービスを作って大失敗、なんてバカもやりました。でもこれから高収益を生むヒットサービスを作り挽回すればいいだけ。新しい歴史をきっと作ってみせます。

2009年4月入社 営業事務

なんでも楽しめることが
私のいいところ!

学生の頃からホームページ作ってみたり、PCを使ってイラスト描いたりして遊んだり。気になったらいろいろ調べて行動するのが好きでした。
仕事ではまず、その仕事をすることでどんなことができるかなって考えるのが面白いです。
もちろん悩むこともありますが、なんでも楽しめるところが私のいいところかなって思います。

2009年4月入社 営業事務

学生時代にバイトとして入社。
楽しい仕事に出会うことができました。

ユニメディアには学生時代にアルバイトで入社しました。理由は趣味で使っていたIllustratorのスキルを活かせそうだったから。Illustratorでのデザインのお仕事はもちろん、他にも楽しい仕事に出会いました。サイト運用や更新などいろんな経験ができるのが本当に面白かったです。その後、卒業とともに正社員として入社しました。アルバイト時代の経験を無駄にしたくないのと、社員になればもっといろんな仕事ができそうだなって思ったんです。

2009年4月入社 営業事務

運用・サポート業務からディレクションまで
色んな仕事が出来て本当に面白い!

運用・サポート業務が中心なんですけど、制作ディレクションに挑戦してみたり、新人の教育担当になってみたり。頼れる”イクメン”の上司のもと、いろんな仕事をさせてもらっています。
それって人によっては「何でもやってて大変そう」って思われるかもしれないけど、それが私のスタイルなんで全然気にならない。逆に面白いって感じています。
誰かががやらなくちゃならないものを見つけたら、まず私がやってみる。つまり、私に出来ない事はないんです!(笑)。そう思って常にチャレンジをしています。

Entry Is Here !

エントリーはこちらから

Top Message

代表メッセージ

Smartphone AD

スマートフォン広告事業

What’s The Unit

ユニット制

Connecting Wow

スローガン